女優の野々すみ花(ののすみか)さんが、『世界ふしぎ発見!』に出演することで話題となっています。

野々すみ花さんは、元宝塚歌劇団の宙組トップ娘役として活躍されていたことで、注目を集めていました。

 

そんな、野々すみ花さんの逮捕の噂の真相や、結婚相手が話題となっています。

また、野々すみ花さんの水着姿の画像について、調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

野々すみ花のプロフィール

野々すみ花の画像

出典:matome.naver.jp

【名前】:野々すみ花

【読み方】:ののすみか

【愛称】:すみか

【本名】:上田澄佳(うえだすみか)

【出身地】:京都府久世郡久御山町

【生年月日】:1987年2月27日

【年齢】:31歳(2018年9月現在)

【星座】:魚座

【血液型】:O型

【趣味】:舞台鑑賞、映画鑑賞

【特技】:ピアノ、クラシックバレエ、日本舞踊、三味線

【デビュー】:2005年

【職業】:女優

 

野々すみ花さんの本名は“上田澄佳”さんというそうです。

宝塚歌劇団に入った際に『野々すみ花』に改名して芸能活動を行うようになりました。

野々すみ花の画像

出典:ORICON NEWS

ちなみに、野々すみ花という芸名は家族全員で考えたようで、名前の由来は

 

「野に咲く花のように、雨が降っても風が吹いても、地面に根を張って、小さくてもいいからやさしい花に見えるように」

 

という意味が込められているとのことです。

 

スポンサーリンク

逮捕の真相は?

野々すみ花の画像

出典:mainichikirei.jp

野々すみ花さんを検索すると“逮捕”という検索キーワードが出てきます。

野々すみ花さんは、過去に逮捕されてしまったことがあるのでしょうか?

 

野々すみ花さんの、逮捕の真相について調べていきたいと思います。

野々すみ花の画像

出典:産経ニュース

まず、野々すみ花さんの過去に逮捕歴があるのかどうか調べてみましたが。

野々すみ花さんが過去に逮捕されたという事実はないようです。

 

では、なぜ“逮捕”と検索されてしまっているのでしょうか?

それは、野々すみ花さんがオフィシャルサイトに投稿した、ある記事が原因であることがわかりました。

 

野々すみ花さんが投稿したブログの内容がこちら

電車の中。私は隅の席でひとり黙って本を読んでいる。
いきなり、一人の男が目の前に現れた。そしてポケットからおもむろに何かを取り出した。———-警察手帳だ。ドラマでよく見る「警察だ。」と言ってパカっと見せるあれ。金色のギラギラしたものが重そうに張り付いているし、本人の顔写真もある。そんなものをこちらに向けられた経験なんて今までない。一瞬にして、心臓が凍りつく。男は私服警官らしく、黒いシャツとズボンを履いているが、中に防弾チョッキでも装着しているのか、どことなく身体がボコボコしている。寒気がしてきた。ただ寒いのではない。気色悪い吐きそうな寒気だ。私が何かしたか。

その警官、次にトランシーバーで隣の車両の警官と何か話し始めた。どこかの交番の名前をあげ、そこに部隊を送り込むように要請をしている。詳しいことは聞き取れない。いや、その車両に乗っている人全員に聞こえるような声ではあったのだけれど、こちらは心臓が凍りついているものだから、うまく言葉が耳に入ってこないのだ。

隣の車両の警官との通信が終わると、次はうろうろと歩きながら、反対側の車両にいる警官であろう人物とアイコンタクトを取り始めた。これは3両がかりの逮捕劇か。ただ事ではない。私の凍った心臓が口から出そうだ。警官が私を見る。なぜだ。何もした覚えはない。いつもと変わったことといえば、誕生日に友人からもらった黒いショルダーバックを大事に抱えているだけだ。爆弾なんて入れてない。周りの人の反応は?誰も彼を見ていない。あ、そうか、私は驚きすぎて警官を凝視しているから目が合うのか。本の続きを読もう。ダメだ。顔は本に向いているけど、目は警官を追っている。ダメだ、ダメだ。困ったぞ。そんなことを考えているうちに電車は駅に到着した。ここで私は降りる。早く扉よ開いておくれ。ダッシュで逃れよう。さっとホームへ降りようとすると、なんと警官も一緒になって降りるではないか!あぁもうダメだ。

・・・・・と思った瞬間、男は走り去って行った。瞬く間に姿を消したのだ。

なんだったのか。

腰が抜けそうになりながらも呆然と立ち尽くしていると、近くに座っていた女性に声をかけられた。

「恐ろしいわね。」

「はい、びっくりしました・・・」

「だいいち本物の警官かどうかもわからないしね」

「あ・・・確かに。」

「少し距離をとって歩きましょう。

あなた若いんだから、狙われたりしたら大変よ。」

私はその見ず知らずの女性の後ろをぴったりとくっついて歩いた。
改札口に着くと、お互いそっと会釈して、別れた。

私の心臓はしだいに息を吹き返してきた。

この親切な女性がいなかったらどうなっていたことか。

たった今目の前で信じ難いことが起こったけれども、他人を気遣ってくださるその女性の残像や余韻が、私の心を満たしている。強く逞しく、美しかった。

ひとくちに「人間」といえども、いろいろな人が共存している。

自分には、それを受けとめ認める強さがあるか。

しなやかに生きてゆく逞しさがあるか。

人の気持ちに寄り添える美しさがあるか。

まだまだ。まだまだ。

一生勉強。

すみ花

引用:https://nonosumika.com/nonogatari/?p=2489

これが、野々すみ花さんが体験したエピソードでした。

なんとも恐ろしい出来事ですが、野々すみ花さんに危害が及ぶことはなかったそうで、なによりです。

 

相手の警官も本物かどうかわからないですし、用もないのに警察手帳をわざわざ見せるでしょうか?

質の悪い、いたずらではないかと思ってしまいます。

野々すみ花の画像

出典:女性自身

この逮捕劇?のエピソードを投稿したことで“野々すみ花 逮捕”と検索されるようになってしまったようです。

 

野々すみ花さんが逮捕されたという事実はありませんので、ご安心を。

 

スポンサーリンク

結婚相手は?

野々すみ花の画像

出典:スポニチ Sponichi Annex

元宝塚歌劇団でトップ娘役にまで上り詰めた野々すみ花さんは、2018年2月26日に結婚したことを発表されました。

 

ネット上では、野々すみ花さんの“結婚相手”が誰なのか気になるようで、よく検索されています。

野々すみ花の画像

出典:産経ニュース

さて、ご報告させていただきたいことがあります。私ごとではございますが、

兼ねてよりお付き合いしていた方と、先日、結婚をいたしました。

これまで猪突猛進に歩んできた身にとっては「結婚」という言葉を使う日が来たことに、まだ実感がわきません。しかし「最期までこの人と生きる」と躊躇なく決意できたことは、素晴らしい出逢いをしたのだろうと思います。

引用:https://nonosumika.com/nonogatari/?p=2894

相手の男性については“兼ねてよりお付き合いしていた方”という記載があるだけで、これ以上の情報は公表されていません。

 

野々すみ花さんには熱愛報道なども出ていないので、結婚された旦那さんがそのような人物なのかは、わかっていないのが現状です。

野々すみ花の画像

出典:Twitter

おそらく、これだけ情報がないところを見ると、一般男性の可能性が高いと思われますので、今後も旦那さんについての情報が出てくる可能性は低いと思われます。

 

スポンサーリンク

水着画像は?

野々すみ花の画像

出典:daily.co.jp

野々すみ花さんの“水着姿”が気になるようで、ネット上でも水着と検索される方が多いようです。

 

はたして、野々すみ花さんの水着画像はあるのでしょうか?

野々すみ花の画像

出典:スポーツ報知

野々すみ花さんは『世界ふしぎ発見!』にミステリーハンターとして出演していますから、番組内で水着姿を披露されているかもしれませんが。

 

残念ながら、野々すみ花さんの水着姿を見つけることはできませんでした・・・

 

今後、もしかしたら番組内で水着姿を披露されるかもしれませんが、今の所、野々すみ花さんの水着画像はないということになります。

身長に体重やスリーサイズにカップは?

野々すみ花の画像

出典:mainichi.jp

野々すみ花さんの水着画像はありませんでしたが、スリーサイズやカップは判明しているのでしょうか?

 

ここでは、野々すみ花さんの身長や体重にスリーサイズやカップについて、調べていきたいと思います。

 

【身長】:161㎝

【体重】:非公表

【スリーサイズ】:非公表

【カップ】:推定Bカップ

 

身長が161㎝と、日本人女性の平均身長よりも少しだけ高い野々すみ花さん。

体重は公表されていなかったので、わかりませんでした。

 

残念ながら、スリーサイズやカップに関しては、情報がなかったのでわかりませんでした。

カップに関しては、画像を見て計測してみたいと思います。

野々すみ花の画像

出典:朝日新聞デジタル

こちらの画像を見ると、Bカップぐらいに見えますので、ここでは“推定Bカップ”とさせていただきます。

 

そんな野々すみ花さんは、2018年9月8日に放送される『世界ふしぎ発見!』にミステリーハンターとして出演されますので、気になった方はチェックしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

スポンサーリンク