悲しいニュースが入ってきました。

『ちびまる子ちゃん』の作者であるさくらももこさんが、8月15日に乳がんのため亡くなられました。

 

国民的アニメの一つでもあるちびまる子ちゃんを生み出したさくらももこさん。

この訃報を受けて、アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声を担当した声優のTARAKOさんからも、追悼のコメントが発表されました。

 

スポンサーリンク


さくらももこさんが死去

 

ちびまる子ちゃんの作者とし有名なさくらももこさんが、8月15日に死去したことが公式ブログにて発表されました。

さくらプロダクションからお知らせです。
2018/8/27 19:30
さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)

これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。

なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われました。

さくらプロダクションスタッフ一同

平成30年8月27日

引用:https://lineblog.me/sakuramomoko/

 

スポンサーリンク


TARAKOさんも追悼コメントを発表

 

アニメちびまる子ちゃんで主人公・まる子役の声を担当された声優のTARAKOさんからも、この訃報を受けて、コメントが発表されました。

 

こちらが、TARAKOさんがコメントを発表した内容になります。

『ご冥福を』とか言えないです。ただただ、頭の中がぐちゃぐちゃです、はい。

病気だったこととか、本当に何も知らなくてごめんなさいしかないです、ごめんなさい。

早すぎます。

まだまだやりたいこといっぱい、いっぱいあったと思います。

ずっとお会いしてなかったので、私の中のももこ先生は、ずっと小さくて可愛くてまあるい笑顔のままです。

今はただ、先生の分身でもある小学三年生の子に、嘘のない命を吹き込み続けることしかできないです。

ももこ先生へ

私がそっちにいったら似たような声でいっぱいいっぱいお喋りしてくださいね。

そちらで楽しいこといっぱいいっぱいして下さいね。

優子ちゃんに会ったらよろしくです。

ももこ先生は「ありがとう」しかない恩人です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000126-dal-ent

長年ちびまる子ちゃんの声を担当してきたTARAKOさんだからこそ、今回の訃報は誰よりも辛かったことでしょう。

ネット上の声

 

https://twitter.com/chell0815/status/1034036075214266373

 

最後になりますが、さくらももこさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

スポンサーリンク