優の野村周平は、ドラマ『好きな人がいること』で末っ子の柴崎冬真を演じたことが記憶に新しい。

 

また、2017年4月29日公開予定の『帝一の國』に出演する。

 

プライベートでは、スノーボードが上手いと話題になっている。

 

そんな野村周平に関して・・・

 

  • 出身地は?生年月日は?
  • 身長に体重は?
  • スノーボードが上手い?
  • 嫌われている?

 

などのことについて調べてみた。

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

野村周平のプロフィール

 

 

【名前】:野村周平(のむら しゅうへい)

 

【出身地】:兵庫県神戸市

 

【生年月日】:1993年11月14日 蠍座

 

【年齢】:23歳(2017年2月現在)

 

【身長】:175cm

 

【血液型】:AB型

 

【所属事務所】:アミューズ

 

【デビュー】:2009年

 

【好きな食べ物】:ラーメン、海鮮丼、唐揚げ

 

【趣味】:野球、ボイスパーカッション、モトクロス

 

【特技】:スノーボード、スケートボード、BMX

 

【学歴】:

神戸中華同文学校

堀越高校

 

野村周平の経歴

 

 

庫県神戸市で生まれ育った野村周平は、父親、母親、兄、本人の4人家族である。

 

母親が中国人のハーフで、野村周平はクオーターだそうです。

日本人だと思ってたんでびっくりしました。

 

実家は中華料理屋とお好み焼き屋らしく、子供の頃からよくお好み焼きを作っていたそうで、料理は得意みたいです。

 

中学は神戸中華同文学校で、主に中国語を使って勉強するのもあってか、野村周平は中国語を話せて、読み書きも出来るそうです。

 

2009年にアミューズのオーディション「THE PUSH!マン〜あなたの周りのイケてる子募集〜」に父親が賞金目的で勝手に応募し、応募者31514名の中から見事グランプリに選ばれた。

 

本人は芸能界に興味がなかったものの、父親の説得され、オーディションを受けたんだとか。この時、既に一次審査が通っていたそうです。

グランプリを獲得し、アミューズに所属となる。

 

その後、上京し高校も堀越高校に転校したが、高校生活は「あまり楽しくなかった」と語っている。

 

2010年にドラマ『新撰組 PEACE MAKER』で俳優デビューする。

 

2011年に映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』でスクリーンデビュー。

 

2017年4月29日には『帝一の國』の東郷菊馬を演じる。

 

 

スポンサーリンク


 

 

スノーボードが上手い?

 

 

小学校から中学校までは野球をやっており、ポジションはセカンドだったそうです。

 

スノーボードをやり始めたのは、中学の時で、きっかけは兄である。

 

当時の画像がこちら。

 

 

主な受賞歴が

2006年2月に琵琶湖バレイANARCHY BOADERS PARTY で3位。

2006年3月に余呉高原SS大会で2位。

2006年4月にDORAGON DDTで特別賞。

2007年3月にwillcom zero3 SS challengeで優勝。

 

凄い経歴です!優勝出来るほど腕前だったとは・・・

趣味でやってます、ってのとは違ってちゃんと大会に出ていて、賞まで獲得している実力の持ち主なんですね!

 

芸能界に入ってなかったら、オリンピックで活躍していたかもしれませんね。

 

オフの日もスノーボードをやることもあり、兄も一緒なんだとか。

 

 

ちなみに、スノーボードだけでなくBMXもやっているそうです。

きっかけは、オーディションの賞金で自転車を購入したこと。

 

 

こちらは大会に出てはいないものの、野村周平がBMXに乗っている動画が番組で紹介されたり、ドラマ『好きな人がいること』でも何回か披露されています。

 

イケメンで運動神経抜群とか、モテモテなんでしょうね~

 

嫌われている?

 

 

野村周平を検索すると、「嫌い」、「ウザい」などというワードが出てきます。

一体どういうことなのか調べてみると・・・

 

共演からの証言だそうです。

 

映画『ちはやふる』で共演した女優の広瀬すずからは、

 

現場でシーンとしている時にいきなり高速ラップを始める

 

との声。野村周平がクールなタイプだと思っていたのに対し、明るいタイプで驚かれたそうです。

 

後は、ドラマ『フラジャイル』で、周りの共演者が真剣に芝居をしている時でも終始ふざけている様子から、共演した女優の武井咲から「嫌いですね」と言われている。

 

どうやら野村周平は明るい性格で、気さくなタイプのようだ。

良く言えばムードメーカーなどとも言えるが、現場では集中したい役者もいることから、この手のタイプは嫌われることもあるのかもしれない。

 

野村周平はツイッターをやっており、共演者とのツーショットを度々アップしている。画像と共に「ごめんて。」というメッセージ付きで。

 

主に人気のある若手女優とツーショットのものが多く、これを見た女優ファンから「女好き」、「チャラい」、「嫌い」、「気持ち悪い」など厳しい声が多数あった。

 

こんな声があったのは驚きだ、そんなイメージはなかったので。

 

プライベートではモデルで最近では女優としても活躍している水原希子との交際報道があった。

それもまた拍車をかけるように「嫌い」と言われる要因となっている。

 

水原希子は父親がアメリカ人で母親は在日韓国人であることから、一部から嫌われている。在日という存在に厳しい意見をもっている人が多いのと、嫉妬もあるのかかなりの嫌われっぷりだ。

また、野村周平も中国の血が入ったクオーターであることでも嫌われる要因なのかもしれない。

 

このカップルに対してあまり良い意見を聞かないが、本人たちからは全く関係ないんだと思います。

お互い良いお付き合いされてれば問題はないでしょう。

 

今は厳しい意見も多いが俳優として、または運動神経が良いことを活かして幅広く活躍してもらいたいです!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

 

スポンサーリンク