大変悲しいニュースが入ってきました。

漫画家の国友やすゆきさんが2018年9月20日に亡くなっているとの報道がありました。

 

友人でもある河合単氏のツイートにて判明したようです。

一体、死因となった原因は何だったのでしょうか?

 

ここでは、死去した国友やすゆきさんの死因や、ネット上の声をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


国友やすゆきさんが死去

 

漫画家の国友やすゆきさんが亡くなっていることが、友人である河合単氏のツイートで判明しました。

 

こちらが、国友やすゆきさんの訃報を伝えた、河合単氏のツイートになります。

 

 

告別式には出席予定と書かれていますが、日程や場所などの記載はないので、いつ告別式を行うかは、わかっていません。

 

こちらのついては、今後新しい情報が出ていたら、追記したいと思います。

死因はなに?

 

65歳でこの世を去った国友やすゆきさんですが、死因は何だったのでしょうか?

河合単氏のツイートを見ても、死因については何も触れていません。

 

年齢を見ても、まだお若いので、寿命ということはないと思います。

 

国友やすゆきさんは2017年のインタビューで

 

「「愛にチェックイン」の連載が終了したら、自分の名前で漫画作品を発表するのを辞めてもいいかな。」

 

と語られていました。

自分の名前での漫画作品の発表は辞めてもいいかな、とおっしゃっていますので漫画家を引退されたわけではないようです。

 

今後、国友やすゆきさんサイドの方から、死因について公表されるかもしれませんので、分かり次第追記したいと思います。

 

スポンサーリンク


国友やすゆきについて

国友やすゆきの画像

出典:日刊スゴい人!

【名前】:国友やすゆき

【読み方】:くにともやすゆき

【出身地】:福岡県遠賀郡

【生年月日】:1953年1月1日

【年齢】:享年65歳

【出身高校】:福岡県立東筑高等学校

【出身大学】:早稲田大学

【職業】:漫画家

 

国友やすゆきさんは、大学在学中の1974年に『増刊少年ジャンプ』に連載された“最後の少年野球”で漫画家としてデビューされました。

 

また、この作品で手塚賞の佳作を受賞することになります。

その後、『JUNK BOY』では500万部を超えるヒットを生み出した国友やすゆきさんは

 

  • 100億の男
  • 幸せの時間
  • 新・幸せの時間
  • コッコちゃん
  • カネが泣いている
  • 総理の椅子

 

など、話題作を次々と生み出しました。

 

また、宇宙戦艦ヤマト 復活編のキャラクターデザインをされたことでも話題となりました。

2017年には『ぽけまんチャリティーオークション』を開催するなど、精力的に活動されていた国友やすゆきさんでしたが、2018年9月20日に亡くなられました。

 

国友やすゆきさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます

ネット上の声

 

https://twitter.com/dejiboo1/status/1043306424560844801

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

スポンサーリンク