DA PUMPのISSAさんが、2018年9月16日に引退された歌手の安室奈美恵さんの振り付けを披露されたことが、話題となっています。

 

ここでは、ISSAさんが披露した安室奈美恵さんの振り付け動画や、ネット上の声をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


ISSAが安室振り付けを披露

 

DA PUMPのISSAさんが、9月17日に放送された『ミュージックステーション ウルトラFES』で、安室奈美恵さんの振り付けを披露した事で、話題となっています。

 

詳しい詳細がこちら

7人組ダンス&ボーカルグループ「DA PUMP」が17日に放送されたテレビ朝日の10時間生特番「ミュージックステーション ウルトラFES」に出演。ボーカルのISSA(39)が前日16日に引退した歌手の安室奈美恵(40)の曲の振り付けを披露して安室ファンを感涙させた。

「DA PUMP」はヒット曲「U.S.A.」を披露。安室と同じ沖縄県出身のボーカル、ISSA(39)が曲の最後に安室の「a walk in the park」の振り付けを披露した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000145-spnannex-ent

ISSAさんが披露したのは、安室奈美恵さんの曲である『a walk in the park』の振り付けを、DA PUMPのヒット曲『U.S.A.』の曲の終盤に披露されたとのことです。

ISSAの振り付け動画

 

こちらが、ISSAさんが披露された安室奈美恵さんの振り付け動画になります。

 

 

 

この粋な計らいに、ファンからは

 

▶ISSA泣かせないで…

 

▶ISSAありがとう!!
安室ちゃん入れてくれてありがとう

 

▶最後の振り、安室ちゃんの振りなんだね!粋すぎる

 

といったツイートが相次いでいました。

 

スポンサーリンク


過去にはSMAPの名曲も

 

今回、安室奈美恵さんの振り付けを『U.S.A.』の終盤で披露されたISSAさんですが、過去にはSMAPの名曲『世界に一つだけの花』の振り付けも披露されたことがあるようです。

 

これは、2018年7月に放送された『音楽の日2018』に出演された際に、披露されていました。

 

こちらが、DA PUMP全員で披露された『世界に一つだけの花』の振り付け動画になります。

 

https://twitter.com/ksneiro2525/status/1018017786071695360

 

これには、司会を務めていた中居正広さんからも

 

「ありがとうございました」

 

と一礼する一幕がみられました。

ネット上の声

 

https://twitter.com/saaaakuuu1/status/1041650162752315392

https://twitter.com/panya_no1love/status/1041643020100067330

https://twitter.com/owolove13/status/1041645940602417153

https://twitter.com/maaami0731/status/1041644593211555840

 

▶ISSAの気配り、素敵です!
DA PUMPやMAXはラストイベントに参加して欲しかったし、するに相応しい間柄なのに、やはり事務所独立の影響だったのかな?
それが残念だっただけにこの計らいは素晴らしい!
安室ちゃんへの何よりの餞になったと思います。

 

▶ISSAはとにかくサービス精神旺盛。人気のある秘訣でしょう。今夜はDA PUMP実に22年振りのMステ出演。

 

▶同郷をここまで引っ張ってきた人だから、そんな心意気が嬉しいです。

 

▶21年ぶりってちょっと感無量。

今まで色々あって、ISSA一人で思う事も沢山あったろうなぁ〜。

少し目に光るものを見た気もする…

再ブレイクして良かった。

 

▶わからなかったけど、なんか観たことある振り付けだなぁと思ったら、安室ちゃんだったのね。
ISSAはSMAPといい安室ちゃんといい、粋なことしますねww
ありがたいです。

 

▶さりげなくやれるところが粋でいいね

 

▶辛い時期を経て、今があるから
時代に敏感だし、ファンの気持ちも分かるのだろう。

なにより対応力の高さは
彼らのダンススキルがあってのこと。

これからもっと活躍して欲しい!

 

▶言葉を使わずとも感動させられる、てすごいな。

 

▶今年は年末にかけて、USAで盛り上げてくれるでしょう

 

▶意外に人柄がいいんだね。見直しました
同郷ということもあるしね

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

スポンサーリンク