元朝日放送テレビのアナウンサーである平岩康佑(ひらいわこうすけ)さんのゲーム愛がすごいと、話題になっています。

 

アナウンサーを辞めて、ゲーム実況者となった、平岩康佑さんについて、調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


平岩康佑について

平岩康佑の画像

出典:AbemaTIMES

【名前】:平岩康佑

【読み方】:ひらいわこうすけ

【出身地】:東京都品川区

【生年月日】:1987年9月2日

【年齢】:30歳(2018年7月現在)

【星座】:乙女座

【趣味】:洋楽鑑賞、映画鑑賞

【特技】:バック転、英会話、スノーボード

【学歴】:法政大学法学部

【所属】:ODYSSEY

【職業】:ゲーム実況者、フリーアナウンサー

 

平岩康佑さんは、2011年に朝日放送テレビに入社されました。

その後、『おはよう朝日です土曜日です』でリポーターを務めると、2012年からはスポーツ実況で、多くのスポーツ実況者を務めました。

 

プロ野球やJリーグのリポーターを務めながら、多くのスポーツ番組にも出演した平岩康佑さん。

自身も運動は得意なようで、スノーボードやスキューバダイビングなどにも取り組んでいるようです。

 

平岩康佑さんは、大のゲーム好きとしても有名だったようで、小さい頃からカードゲームなどにハマっていたそうです。

 

2017年からはAbemaTVなどで、ゲーム実況を担当するようになった平岩康佑さんは、2018年6月15日に朝日放送テレビを退社されました。

 

現在は、株式会社ODESSEYを立ち上げ、ゲーム実況者として活動されています。

ゲーム愛がヤバい!

平岩康佑の画像

出典:ライブドアニュース – Livedoor

アナウンサーとなりながら、ゲーム実況者に転職した平岩康佑さん。

ネット上では、平岩康佑さんのゲーム愛がヤバいと話題になっています。

「三十にして立つ」とはいうけれど、このたび30歳にしてゲーム実況者に転身したのは、元朝日放送アナウンサーの平岩康佑氏である。ゲーマーなら一度は夢見る“業界”へのジョブチェンジを成し遂げた、その素顔に迫る。

 

平岩氏が自身のTwitterに〈eスポーツ実況に専念することに致しました。〉と投稿したのは、6月16日のことだった。同時に2011年からアナウンサーとして勤めていた朝日放送を退社したと明かし、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」の実況者マネジメントを行う「ODYSSEY(オデッセイ)」を立ち上げた旨が報じられた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180721-00545644-shincho-ent

平岩康佑さんは、元々ゲームが大好きだったようで、eスポーツの仕事をした際に、ゲームの好きな人達と仕事をするのが楽しいと感じ、ゲーム実況者になることになったといいます。

 

これについて、平岩康佑さんは

「ゲーム実況アナウンサーとして、第一人者になるにはスピードが大事だと思ったんです。それまでeスポーツは海外で盛り上がっていましたが、最近は日本のメディアでも取り上げられるようになってきた。東京ビッグサイトなど、1万人規模の会場でイベントも開かれていますしね。とはいえ、プロのアナウンサーがゲームの実況もするアメリカの状況とはほど遠い。そこに応えたかったというのはあります。あとは好きなことを仕事にしたい、というのも大きい。休みの日はずっとゲームしていましたから」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180721-00545644-shincho-ent

と語っていました。

 

スポンサーリンク


いつ頃からゲームを?

平岩康佑の画像

出典:日刊スポーツ

ゲーム実況者に転職した平岩康佑さんは、いつ頃からゲームをしていたのでしょうか?

調べてみると、平岩康佑さんはインタビューで

「きっかけは中学生のときに出会った『RAINBOW SIX(レインボーシックス)』。それこそ、今eスポーツとしてもシリーズ最新作がプレイされています。当時は、海外のゲームがあまり日本向けにローカライズ(翻訳化)されていなかったんです。遊びたくても、日本版のゲーム機にはソフトが対応していない。だから『RAINBOW~』のために海外用の本体を買って、辞書片手にプレイしていました」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180721-00545644-shincho-ent

平岩康佑さんは、中学生の時にプレイした『RAINBOW SIX(レインボーシックス)』というゲームがきっかけで、ハマってしまったようです。

 

なぜ、中学だったのかというと、平岩康佑さんの家は“ゲーム禁止”だったようで、中学生の時にようやく解禁されたそうです。

 

そこからは、ゲームにどっぷりとハマってしまったようで、現在に至っています。

ネット上の声

 

▶高給と言われる朝日放送を辞めての独り立ち。
かなり覚悟の決断でしょう。
頑張っていただきたい。

 

▶今後盛り上がっていきそうな業界だし、上手いところに目を付けたなと思います。会社に人が増えてもクオリティ維持して頑張ってほしいです。ゲーム分からないまま配置されるアイドルとか本人も見ている方も辛いからなぁ

 

▶Eスポーツ界の川平ポジ狙うならいいタイミングかもしれないね

 

▶凄いゲーム愛ですね。ここまで好きなら成功するのではないでしょうか。

 

▶スプラ甲子園とか解説動画が好きなんですが
ゲーム実況や解説の方のテンションが高すぎて 引いてしまいます。

経験ある本職の方がどんどん増えてくれたら もっと楽しめそう!

平岩アナ応援してます(o^^o)

 

▶すごくこれから人生楽しくなりそう いや、もう楽しいかな?
問題も出てくると思うけどがんばってほしい

 

▶eスポブームなんてお金にならないとわかったら引いていきそうなのに
凄い賭けに出るね

 

▶少し話題がそれるけど、普通に対戦するだけでなくバイオとかのタイムアタックを競ったりするのも面白そうだと思うんだけど。

 

▶eスポーツ発展のためにも

頑張って頂きたい、応援しています。

 

▶日本でeスポーツが流行るかどうかは微妙
ヒカキンのゲーム実況の方が好きって人多そう

 

▶同じゲーマーとして、初代に箱を選んだコアユーザーとして。

でもゲームの仕事には就けなかった者として、応援してます

 

▶ゲームを知らないので記事の7割くらい分からなかったけど笑、ゲームの認識を改めるきっかけになりました!
平岩氏のゲーム実況聞いてみたい!!

 

▶独身だからできること、みたいな部分もあるかな

 

▶意外な転身だけど、ニーズは絶対あるもんな。
先駆者になって欲しい

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

スポンサーリンク