風疹患者数が増加傾向にあることで、大流行の兆しが話題となっています。

このままでは、2年後の東京五輪にも影響が出るのではないかと懸念されています。

 

ここでは、風疹が大流行の兆しの真相や、予防策にネット上の声をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


風疹が大流行の兆し

風疹の画像

出典:niftyニュース

国立感染症研究所は、本日9月19日に風疹の患者数が昨年より5倍を超えている事を発表されました。

 

詳しい詳細がこちら

国立感染症研究所(感染研)は19日、今年の風疹患者数が昨年1年間の5倍を超える496人になったと発表した。関東地方を中心に感染が拡大。患者が1万人を超えた平成25年の大流行年前の状況に酷似しており、増加傾向が続けば2年後の東京五輪・パラリンピックへの影響が懸念される。

感染研によると、9月3~9日の1週間に新たに報告された患者数は計127人で今年最多。都道府県別では東京が32人と最も多く、次いで、千葉(27人)、神奈川(19人)、埼玉、愛知(11人)、長野(5人)が続いた。

流行はすでに34都道府県に及び、全患者数のうち男性が401人、女性は95人。30~40代の男性が目立ち、ワクチンの接種歴が「なし」や「不明」が多くなっている。

政府は東京五輪・パラリンピック開催年度までに風疹の「排除」を目指している。ただ、風疹は複数年にわたり流行が続くことがあり、排除は困難になる恐れもある。

風疹は妊娠中の女性が感染すると、生まれた赤ちゃんに障害が出る可能性もある。風疹の症状は主に発熱や発疹など。症状のない患者の唾液が、くしゃみなどで飛散して感染を広げることもある。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000538-san-hlth

風疹患者が今年に入って496人になったようです。

これは、昨年の患者数と比較すると約5倍以上にも及びます。

 

関東を中心に拡大が続いており、これは平成25年に患者数1万人を超えた時と状況が似ていることから、今後も患者数が増加するのではないかと懸念されています。

 

このまま患者数が増えていけば、2年後に開催される東京五輪にも少なからず影響が出るのではないかと推測されています。

予防策は?

風疹の画像

出典:minamiashigara-ladies.jimdo.com

風疹患者数が去年の5倍以上になっていますが、予防策はあるのでしょうか?

これについて、国立感染症研究所は

風疹の患者数は今月9日までの1週間で再び増加傾向が強まって、新たに127人の感染が報告され、ことし、これまでの患者数は496人に上りました。1週間の患者数が100人を超えたのは今シーズン初めてで、国立感染症研究所は、必要な人はワクチンの接種を検討してほしいと呼びかけています。

風疹は発熱や発疹などの症状が出るウイルス性の感染症で、妊娠中の女性が感染すると、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、それに心臓などに障害が起きるおそれがあり、ことしの患者数はこの5年間で最も多くなっています。

国立感染症研究所によりますと、今月9日までの1週間に、全国の医療機関から報告された新たな患者は127人で、1週間の患者数が今シーズン初めて100人を超えました。

このため、ことしこれまでの患者数は496人と、去年の患者数の5倍以上になっています。

都道府県別では、東京都が前の週から新たに32人増えて146人、千葉県が27人増えて122人、神奈川県が19人増えて54人、埼玉県が11人増えて34人、愛知県が11人増えて27人などとなっていて、首都圏の患者が全体の7割以上を占めています。

国立感染症研究所は今後、妊娠する可能性がある女性は2回のワクチン接種を受けておくとともに、妊婦の家族など周りにいる人で、風疹に感染した経験がなく、ワクチンを2回接種した記録がない人も接種を検討するよう呼びかけています。

また、ワクチンの定期接種がなかった世代の30代から50代の男性も抗体検査を受けるなどして、ワクチンが必要か十分に検討してほしいとしています。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180919/k10011635561000.html?utm_int=error_contents_news-main_004

特に注意が必要なのが、ワクチンの定期接種がなかったとされる30代~50代までの男性で、こちらに関しては、病院で抗体検査を受けてワクチンが必要かどうかを検査する必要がある。

 

また、今後妊娠の可能性がある女性に関しては、ワクチン接種を2回受けたほうがいいようだ。

風疹の状態で妊娠すると、胎児に影響が出てしまうようで、生まれてきた際に心臓などに障害が起きてしまうこともあるそうです。

 

風疹は感染するので、周りに風疹のワクチンを受けていない人がいるのなら、ワクチン接種を勧めたほうが良さそうです。

 

スポンサーリンク


ネット上の声

 

▶子供の頃風疹やったらしいけど、これからの妊婦のために風疹の予防接種に行ってきます

 

▶政府は排除を目指しているというが、排除のためにはワクチン接種をしておらず抗体を持たぬ国民全てにワクチン接種させ、また海外渡航者の管理を相当厳重にしないと無理では。

国内では今の30~40代がワクチン接種の機会がなく感染の被害に遭いやすいらしいが…この世代は金のない氷河期世代なので全額補助でもない限りワクチン接種なんてしない派が多いのでは。仕事もあるだろうしワクチン受けに行く時間がないという人もおそらく多い。
海外からウイルスを持ち込む例も多い。鎖国かあるいは国内外を行き来する者をきっちり管理しウイルスを持ち込ませないようにしなければならないが、現実問題としてまずしやしないだろう。
そして会社などでまき散らし集団感染と相成る…

このような状況下でどうやって排除していくのか。ワクチン接種をさせる方がおそらく手っ取り早く費用対効果も高いと思われるが…

 

▶海外(途上国)在中で30代です。
私は、日本への一時帰国時に、風疹の注射受けました。抗体の検査をして結果を待つ時間は、一時帰国時に無かったので、いきなり注射を夫婦で受けました。(病院からは仮に3回目の注射=風疹の抗体がなくても問題ないとの事でした)注射後、2ヶ月は妊活はお休みし、その後妊活をし、今妊娠5ヶ月です。
一時帰国も頻繁には出来ませんでしたが、防げる事は、やりたいと思いました。日本在中であれば、自治体によるとは思いますが風疹注射の補助も出るようですね。
私達夫婦は自腹で数万円しましたが、赤ちゃんの事を考えると惜しいお金ではありませんでした。(特に裕福でもないですが…)
皆さんお忙しいと思いますが、時間さえあれば注射できる環境は本当に羨ましくありがたい事だと思います。

 

▶インフルもそうですが、毎年何かが大流行する度にワクチンが入らなくなる。本来定期接種で撃たなければいけない小児に対して打つのを遅くしないといけない事態になる事も大変問題たと思います。
ワクチンを求める患者に来てほしくて利益を得ようと高額に設定をするクリニック、逆に高額にすることでなるべく来ないようにし、他の患者への感染リスクを減らそうとするクリニック、どちらの考えにしても患者はワクチンを求め高額であろうと来る。
結局、世の中のクリニックがボロ儲けするんです。

 

▶流行の繰り返しを防ぐには十分な免疫がない世代に、予防接種を公費で行う必要があると思う。ただワクチンは基本的に小児の使用を前提に生産されているので、大人が多数打ってしまうと不足してしまう。ワクチン行政に腰が引けまくってる厚労省も、ワクチンの輸入など含めしっかりと対策を立てるべきだ

 

▶症状は兎も角、感染力が凄いですからね。感染に気付かず登校して来た友人に触れた所、見事に潜伏期間終了と同時に発症した記憶が有ります。

 

▶海外からの観光客数増加と相関があるのだろうか?

もしそうなら経済も大事だが、問題が増える事は避けたい。

 

▶5年前ちょうど妊娠していて、毎日すごく不安でした。職場にも20代から40代なんてたくさんいるし、お客様も不特定多数いらっしゃるので、仕事を休みたかったぐらいでした。幸い、抗体があることがわかりホッとしましたが、もし感染したら障害は避けられないと医師から言われました。

妊娠している方、これからの子供の未来のためにも対象者には積極的に接種していただきたいですね。
とは言っても行動がなかなか難しいですよね、、

 

▶タイムマシンがあったら、風疹の予防接種は女児のみと決めた人たちに、男女ともに接種する重要性を力説したいですね

 

▶妊活している人は必ず予防接種をして欲しいと思う。
妊娠してから風疹になったら大変だ。
他の人にも流行らせる可能性大だと思う。

 

▶NHKのニュース等で風疹の予防接種を推進しているけれど、茨城県内の病院では手元にワクチンがないとの事で順番待ちの状態にある事を担当役所は把握しているのでしょうか?。
実際の状況を把握して情報提供をしてほしい。

 

▶10歳の時に罹患した。
結構、辛かった覚えがある。
はしか、おたふくかぜ、水疱瘡、風疹全て小学生までに罹患したけど、今思えば小さい頃罹患していて良かったのかなと思う。

 

▶今から全員予防接種受けさせればそれで終わる話。
本気で対策したいなら、これしかない。
本気じゃなく、何とかなればいいな~ぐらいなら、大流行して障害を持った子が生まれるでしょうね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

スポンサーリンク