サッカーイタリアの代表監督を務めたこともあるロベルト・ドナドーニ氏が、日本代表監督に就任するとの報道が出たことで、話題となっています。

 

これはイタリア紙の「Gazzetta dello Sport」が報じたようだが、果たして真相は?

 

ここでは、ドナドーニ氏の日本代表監督報道の真相や、ネット上の声をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


ドナドーニ氏が日本代表監督に?

ロベルト・ドナドーニの画像

出典:サッカーキング

サッカーイタリア代表監督も務めたことがあるロベルト・ドナドーニ氏が、日本代表監督になるのではないかと、報じられています。

 

詳しい内容を見てみると

【AFP=時事】元サッカーイタリア代表監督のロベルト・ドナドーニ(Roberto Donadoni)氏が、日本代表の新指揮官就任に向けた話し合いを行っていると、23日、伊ガゼッタ・デロ・スポルト(Gazzetta dello Sport)紙が伝えた。

イタリア・セリエAのナポリ(SSC Napoli)やボローニャ(Bologna FC)を率いた経験を持つ55歳のドナドーニ氏は、交渉のため日本へ向かったと同紙は伝えている。

現役時代はイタリア代表にも選ばれ、クラブキャリアの大半を過ごしたACミラン(AC Milan)でセリエAを6度、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)を3度制したドナドーニ氏は、監督としてイタリア代表を率い欧州選手権2008(UEFA Euro 2008)までの2年間を指揮した。

ドナドーニ氏はボローニャの監督を3年務めるも今年5月に退任しており、その後は無所属の状態が続いている。

日本代表ではW杯ロシア大会(2018 World Cup)でチームを16強入りに導いた西野朗(Akira Nishino)氏が監督を退いており、7月には森保一(Hajime Moriyasu)氏が後任に決定していた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000009-jij_afp-socc

現在、日本代表の監督を務めているのが森保一氏であるが、この報道が本当ならば日本代表監督はロベルト・ドナドーニ氏が就任することになる。

 

記事によると、ロベルト・ドナドーニ氏は交渉のため日本に向かったと報じられているが、当然日本サッカー協会からそのような発表はされていません。

 

しかし、ロベルト・ドナドーニ氏はボローニャの監督を3年務めていたようだが、2018年5月に退任しており、現在はフリーの状態ということで、あながち嘘ではないのかもしれない。

2人目のイタリア人監督に?

ロベルト・ドナドーニの画像

出典:Goal.com

今回の報道が真実ならば、2011年のアジアカップで優勝に導いたザッケローニ監督以来のイタリア人監督ということになる。

 

また、イタリア人監督としては2人目ということで、期待は高まっているようだ。

ロベルト・ドナドーニ氏は実績も残されており、現在55歳ということで体調面も問題はないだろう。

 

現役時代はイタリアの代表にも選ばれたことがあるドナドーニ氏は、ACミランでセリエAを6度制覇し、欧州チャンピオンリーグを3度制覇されています。

 

ただ、今の所信ぴょう性にかけているので、ガセ情報の可能性も十分に高いと思われます。

 

スポンサーリンク


ネット上の声

 

▶Jリーグのクラブが監督招聘を画策ならありえる
ドナドーニ氏の実績から代表監督?と推測が起こったと思う
森保さんを解任する理由はとりあえずないとは思うし

 

▶代表監督就任は考えにくいが、森保の兼任に関してのリスクマネジメントは常に考えておく必要はある。兼任が現実的に難しいなら、A代表監督は別の人物に任せるという選択肢は常に選べるようにしておかないと。二兎を追う者は一兎をも得ずという結果になった時が一番悲惨なわけだから。

 

▶考えられるとしたら、森保監督がやってみた結果として、U23とフル代表両方は極めて困難と進言したことを受けてのサッカー協会のアクション。

でも森保監督の功績と結び付けていいかは別にして、アジア大会もコスタリカ戦もこれ以上無いぐらいに良い結果が出た。

そのため、サッカー協会が認めるとは考えにくい。

やはり、ガセだと思う。

 

▶逆に森保監督をフル代表一本で。
U-21をドナドーニ監督でお願いしてみたい。若い力はたくさん育ってるので、これからの日本代表を担う選手を指導してもらうのも面白いと思う。
名声や予算的にこれは無理であろうが…そろそろ育成世代に外国人監督を任せてみるのもいい頃では⁇

 

▶先日の代表戦の結果から考えると、森保監督解任は可能性として低いと思うが、若手チームとの兼任が難しいと言う事なら可能性は0ではないかも。
また、暇になったドナドーニ氏が日本に対し売込みを掛けて来ただけ。と言う可能性も有る。(高給求めて)

 

▶実際は中国のクラブチームとの交渉にむかったとかの間違いか、Jクラブのどこかとの交渉ならあり得そうですが、このタイミングで日本代表はないと思います。

 

▶代表監督はないとは思いますが、協会幹部はあまり賢くなさそうだから、代理人から売り込みあって飛びついた可能性もゼロではないと考えてしまいました。

 

▶さすがにスタートしたばかりのここで交代だと意味が分からない
日本代表監督ではなく何か別の形での交渉じゃないのか?

例えば代表ならベンゲルに持ちかけてたアドバイザー的なものかもしれないし
Jリーグのどこかと交渉してるのかもしれないし

 

▶ガセだとは思うけど、森保さんが健康上の問題でも抱えていないかと、心配になる。

 

▶A代表と五輪代表を1人監督に任せるのは、本人にとっても、サッカー界にとってもベストな選択とはいいがたい。特に目前の東京五輪は専任できっちりやってもらえねば。

 

▶東京オリンピックとワールドカップを目指す監督を一人でやるのは無理があるから、選択肢としてありだと思う。

 

▶協会はどうしたいのか教えて欲しい。
森保で四年間任すのか、後任が見つかったら解任するのか、中途半端な事はやめて欲しい。
森保をサポートする体制も足りてない。
やるべき事をしっかりやってくれよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

スポンサーリンク